とある有名バンドマンの話

私は、大学生の頃によくビジュアル系を好む人々が集まるとあるインターネット掲示板に入り浸って書き込みをして色んなバンドマンや女の子とライブに行ったり遊んだりしていました。それはそれでとても楽しかったのですが、知り合えるのはバンドマンと言っても大抵とてもマイナーなバンドマンで、ある意味つまらないなぁと感じていました。

 そんなある日のことです。退屈に耐えかねた私は、掲示板に、「有名なバンドマンの方いますか?もし本当にいるなら月20万円貢ぐのでメール下さい」と自分のメールアドレスを載せました。
 まぁ、反応なくて当然だよなぁ、くらいの気持ちでいたのです。そんな中、約3日間が過ぎた頃に、とある知らないメールアドレスから「掲示板見ました。自分はメジャーデビューしているバンドマンなのですが、機材を買うお金がないので貢いで下さいますか」とメールが来たのです。

 正直、驚きを隠せなかったのと、不安な気持ちでいっぱいになりました。なぜなら私がメアドを載せたのはただの退屈しのぎで、当時コンビニバイトだった私には20万もお金があるわけがありません。そして貢ぐつもりもなかったので、少し罪悪感に駆られました。でも、せっかくアプローチしてきたバンドマン。一体どこのバンドの人だろう?とか、一回遊んだら自分にとってステータスにはなるかな、と思いました。

 なので、「20万貢ぐことは可能です。会ってどこのバンドの方なのか明かして下さるなら出来る限り要望に応えますよ」と返事をしたら、話がとんとん拍子に進み、実際に会うことになってしまいました。

 待ち合わせは渋谷駅の喫煙所。そこに彼はいました。メイクもヘアセットもしてないし衣装も着ていないので、誰だかわかりませんでした。でも派手な金髪にゴツゴツのクロムハーツのアクセサリーで、バンドマンだと気付いたので声をかけました。

 するとこちらのことも認識してくれたようで、人目のつかないカフェへと案内されました。

 そこでバンド名を明かしてくれたのですが、誰でも知っているバンドのベーシストで、更に驚きました。なんでお金がそんなに必要なの?と聞いたら、「よりよい音楽を作るにはよりよい機材とベースが必要なんだ。だけど、今のバンド収入じゃ全然足りないんだ。だから、貢ぎを探していたのさ。」と言っていました。

 というか私にとっては機材とか貢ぎとかどうでもよく、こんなに有名なバンドマンが目の前に...!という事で興奮しっぱなしでした。ですが、この場に及んで今更貢げないなんて言えるわけがありません。だから、区切りをつけてすっぱり諦めることにしました。そこで選んだのはプリクラです。プリクラだと記念品として手元に残りますから。

 渋谷のセンター街でプリクラを撮ったあとに、また渋谷駅に戻り、帰り道が反対方向だったのでそこで別れました。それから、家に帰ったら、彼のメアドを受信拒否にしました。
 彼からしたら私は最低な女性だったのだろうと思います。でも最初に嘘をついていた以上いずれは終わるものでした。

 彼とはそれで完全に縁も切れてしまい、バンド名がわかったからといってライブに行くこともなく終わったのですが、今となっては淡い思い出です。

ペット葬儀の特徴


◆ペットは飼い主にとっては「自分の子供」のようなかけがえのない存在です。

人間も動物も変わらぬ大切な命です。ペットのご不幸に際し安心して任せられる施設と心を込めてお手伝いさせていただける霊園を基準を設定して選定と紹介をします。

安心  1.火葬から納骨、埋葬、ご供養までを霊園内で施行して、小さな命にも尊厳

       を持ってご供養を行います。

  安心  2.信頼の実績有る霊園 として長年の実績と火葬の一時だけでない親身な

               対応をお約束します。

  安心  3. 『固定火葬炉』での火葬 で環境・衛生面に配慮した火葬設備を有してい

               ます。

  安心  4. 明瞭で適正な料金で火葬から埋葬までを含んだ料金をご提示します。

  安心  5. 充実の供養とアフターケアにより、生前のご相談やお式後の仏事相談に

                も親身にお応えします。

   安心  6. 情報管理の徹底 として、セキュリティーシステムで個人情報をお守りしま

               す。

◆某社の「ペット葬儀」の特徴

  ポイント 1. 独自の品質基準設定

          火葬場設備を有すること(移動式は認めない)

          霊園・納骨堂など安心してご供養できる施設を有する

                    火葬場・納骨堂は清掃が行き届き、常に清潔感がある

                    料金が明瞭であること

                    言葉遣いが丁寧で、親切に対応できること

   ポイント 2.明確な料金体系

         火葬から埋葬までを含んだ料金をご提示します。

   ポイント 3.弊社カードをご利用いただけます。

◆質問事項

1. ペットが亡くなったんですが、どうしたらよいですか?

  保冷剤、無ければビニール袋に氷を入れて頭部とお腹に置いてあげて下さい。

2. お葬式の時は、どのような服装で行けばよいですか?

  普段着で十分ですが、あまり派手ではない服装のほうがよいと思います。

3. 火葬は出来ますか?火葬は 別の場所でするのですか?

  お葬式・火葬・埋葬・供養まですべて提携霊園で執り行うことが出来ます。

4. お骨拾いは出来ますか?

  お骨拾いに立会えるプランをお選び頂ければ可能です。

5. 他で火葬したのですが、そちらで埋葬・納骨してもらえますか?

  埋葬・納骨のみでも受付しております。

6. どんなプランがあるの?

  地域にあったプランがございます。

7. 受付時間はいつですか?

  24時間コールセンターにて承っておりますが、お引き取りや火葬などの対応自体

    は日中のみとなります。

8. 火葬だけしてもらって、お骨を自宅に連れて帰ることはできますか?

  ご返骨が可能なプランであれば、ご自宅にお連れして帰る事は可能です。

9. 自宅まで引き取りに来てもらえますか?

  エリアによりますが、私共ではペットだけのお引取りと、ご家族さまご同行のお引

    取りをさせて頂いております。

10. お葬式の際、お棺の中にはどのような物を入れてあげれば良いですか?

   食べ物・生花などでしたら一緒に火葬できますので、お持ち頂いて結構です。

11. 火葬時間はどのくらいかかりますか?

   ペットの種類、大きさによって異なりますが平均1時間前後かかります。

12. 火葬後はどうしたらよいですか?

   提携霊園にて、納骨堂などに埋葬致します。

   また、返骨可能なプランであれば、お骨を自宅にお連れ帰りいただくことも可能

      です。

13. 直接、霊園に依頼せず、御社を通して依頼することのメリットは何ですか?

   イオンを通せば提携先霊園がイオン独自の品質基準に基づいて対応するので

       安心です、また、御香料とし   

   ての特典も受けることができます。

14.ご遺体はいつお迎えにきてくれますか?

   出来るだけお客さまのご希望の時間にお迎えにお伺い致しますが、交通事情な

       どにより、時間が多少前後

   致します事をご了承ください。

15.ご遺体を持参できるのでしょうか?

   直接、イオンの提携先霊園にお連れになっていただく事もできます。

   ※お申し込みの際、直接霊園にお電話された場合は「御香料」の特典を受ける

       ことはできません。 「弊社のぺット葬」コールセンターにお電話ください。

◆以上のような質問があります。弊社でお答えできます。


ペット霊園について

ペットが死んだ後は、深い悲しみに陥りますが、その後の事を考えなくてはなりません。犬や猫のペットが死んだ後は、ペット葬儀を経て、自宅の庭などに埋葬するか、ペット霊園に埋葬するかで大きな選択が迫られていると言えます。自宅の庭の場合は、直ぐに亡骸に会えるという利点もありますが、ペット霊園は管理が行き届いている、宗教施設の付属施設になっているペット霊園では命日などにちゃんと供養してくれるなどペット霊園ならではのメリットもあります。しかし、ペット霊園自体ペットを飼わない人には興味自体が沸かず、ペット霊園の数も人間の霊園に比べたら大きな差がありまだまだ数もそう多くありません。そこでここでは、ペット霊園の概要を見ていきたいと思います。


 ペット霊園を運営している業者はペットの火葬のみを行う業者と違い、ペットの火葬はもちろんの事、納骨から供養まで一貫して行っている事が多いです。ペットの火葬も多くの動物と一緒にやる合同葬か個別に葬儀のできる個別葬か選択できる事が多くなっています。多くが寺院などの宗教施設の付属施設になっており、ペットの納骨堂や墓も立てられることができる施設も一般的になっています。葬儀料金は葬儀の仕方、死んだペットの大きさなどで異なりますが、約1万から3万円程度が相場になっています。さらにここから納骨堂の利用や墓を立てるとなると約10万円程度の費用がかかり、なおかつ施設の管理費や更新料なども必要になっています。このようなペット霊園は一説では2010年の段階で全国に800程度あると言われています。しかしペット霊園自体の歴史は浅く、ペット専門の霊園ができた最初は1921年頃に東京都府中市にできた慈恵院ではないかと言われています。その後徐々にではありますが、数が増えてきたものの、1970年代でも全国に数十程度だったと言われています。その後、ライフスタイルの変化によりペットを飼う家庭が増え、それに合わせてペット霊園の数も増え、1990年代あたりから全国に急速に増えていったようです。現在ではマンションなどでも犬や猫を飼ってもいいという物件が増え、庭などがなく埋葬場所に困っているマンションなどの家庭にはペット霊園の存在は大変大きなものです。その他の家庭からでも管理が行き届いている・供養を定期的にしてくれるというペット霊園の存在はとても貴重なものであると言えましょう。また今後はペット霊園を運営している業者と火葬のみを行っている業者との法的な線引きなどの課題もあるようです。