タブレットで映画を観る

タブレットで映画は観られるの?

スマホではやっぱり画面が小さくて字幕も読みにくいしタブレットで映画が観たいと思います。

調べたところ、HULUという国内外映画、テレビドラマを月額933円で観放題というオンライン動画配信サービスがあります。

Apple iPadAndroidタブレットは対応可能です。

海外ドラマや映画に強みがあり字幕なども対応しているようです。


Tsutayaでよく映画を借りていたのですが、最近すっかり足が遠のいてしまっています。

借りに行く手間が省けて、観たい放題ならまた映画が身近になるのかな、と思います。


UNEXTというサービスもありますが、これは月額1,990円で少し高めです。

アメリカで主流のNETFLIXはオンラインDVDレンタル会社です。

動画ストリーミングの会社で全世界4000万人のユーザが利用しています。

9ドルということを考えるとHULUの月額933円は相場といえるかもしれません。

NETFLIXの日本サービスがいつ開始化ということに関しては公式発表はありません。

今後2年で200カ国へ進出されるとされ日本には2015年秋にサービス開始の予定だそうです。


dTVは月額500円です。

NTTドコモが運営する定額制の動画配信サービスです。

コンテンツは圧倒的に多く、動画配信サービスとしてトップクラスの人気を誇るそうです。


映画館とはいかないまでもスマホよりは大きな画面で観たい、テレビよりも気軽に観たいと考えるとやはりタブレットが適切なデバイスみたいな気がします。


iPad mini3 iPad Air2に比べてどうなのでしょう。

サイズはiPad Air2の方が大きく、PCに求めるすべてを詰め込んだとされています。

気になる月額料金ですが、ソフトバンクのホームページからははっきりとわからないのですが、iPhoneiPadをセットで使うとお得な料金プランがあるようです。

ソフトバンクに行って相談してみるのがよさそうです。


映画館からめっきり足が遠のいてしまって映画に疎くなってしまいました。

タブレットを契約して映画がまた観られるようになるとしたら嬉しいです。


日本映画も実は名作といわれているものもほとんど観たことがなくて見放題ならそういう名作に触れることもできそうですね。

黒澤明監督や小津安二郎監督の作品など観てみたいです。

以前はミニシアター系の映画や海外ドラマをよく観ていたのですが、またそういうジャンルも観てみたいですね。

ゲーム大好き!

 最近、ゲーム機を買った。newニンテンドー3DSLL。いやぁ、でかい。そしてもちにくい。手首が痛くなるレベルの重さ。でも、大画面で3D画像がぐりぐり動くなんて、素敵過ぎる。とりあえず本体と一緒に買ったゲームが「SPEC干」と「ポケットモンスターX」という両極なもの。

 SPECは元々好きだから、というのが大きな理由なので誰が何と言おうと、よい買い物だと思っている。もう一方のポケモンだが、ポケモンをのんびり遊んでいられるような余裕などないので、しまった、と思っている。野生のピカチュウをゲットした時点でもう満足。

 そして、先週買ったのが「カルドセプト」というボードゲームとカードゲームの融合を果たした名作ゲームなのだが、なかなか無名のゲームのため、2千円でお釣りが来た。面白いのに。


 あとはDLしたゲームがスーパーロボット大戦UX。時間掛けてじっくり遊ぶゲームが増えてしまって、どこから攻めようか悩み中。

 DL限定ゲームも何本か買った。スペランカー、悪魔城ドラキュラ、ゼビウス、沙羅曼蛇。どれもこれもいらっと来るタイプのアクション、シューティングゲーム。イージーモードがないってところに配慮に欠けるものを感じる。


 そもそも、ゲームなんてのは、ストレス発散のために遊ぶものだと思っているので、難易度ハードとか意味不明。特にアクションゲームなんかは「ここでミスしろ!」っていう製作者サイドの思惑が透けて見えて嫌になってくる。ぬるいゲーマーなので、ドラクエとかで充分楽しいのだが。ドラクエXでちくちく敵を倒して経験値稼いでレベル上げて...ぬるいゲームが楽しい。ただし、ぬるすぎても手ごたえがないと味気ないというわがままなプレイヤーぶりに我ながら笑いをこらえ切れない。


 そういえば、ドラクエXが3DSで遊べるというので、相当期待している。サーバが弱すぎるとか、文字が見えにくいとか、苦情もいくつかあるらしいけど、アップデートを待ちながらでも、遊んでみたいとは思う。パーティーを探すのに一苦労だろうけど。

 でも、自分のペースで好きなように遊べる自由さがオンラインRPGの良さだったりもするので、その辺りは目をつむるとして、よくわからないのがdocomoケータイ版がでるということ。スマホでドラクエって、相性いいんだろうか? 逆に、ドラクエ好きだからdocomoに変える! っていうユーザーがいるかどうかが疑問。

 WiiU、3DS、docomoとひとり3役でパーティー組むとかできるけど...暇すぎる。


人気の格安スマホ

「格安スマホ」というのは、「低価格のスマートフォン」と「格安SIMカード」のセットのこと。
 
 低価格のスマートフォンは、大手携帯3社が販売しているスマートフォンに比べて端末価格が低めに設定されているスマートフォン。よく使われる機能に絞ったシンプルさや、海外メーカーによるコスパの高さが低価格につながっている。決してクオリティーが低いから安いというわけではない。

 SIMカードとはあまり馴染みがないかもしれないが、スマートフォンの中に入っている小さいICカードのこと。最近ではプロバイダとして有名な企業がdocomoやauなどの携帯キャリアからインターネットや通話の回線を借りて、SIMカードを使ったインターネットや通話のサービスを提供している。格安SIMカードは、これらの事業者によって携帯大手3社よりも安くインターネットや音声通話機能が利用できるSIMカードの事を指している。


 さて、そんな格安スマホだが、実は意外と機種が豊富にある。それなので、いくつかのホームページを調べてみたところ、ほとんどのホームページが同じ機種を一番人気として紹介していた。
その機種はASUS ZenFone 2 (メインメモリ2GB)  。どの辺が人気なのかというと、機種代(24回払い)と通信料だけで、月3千円の支払いでお釣りが来てしまうのだ。安い、安すぎる。
 そして安い上にデザリング・Bluetoothを完全装備。OSはAndroid5.0、メインカメラ画素数は約1300万画素。当然メールやインターネット、通話はもちろんLINE、YouTube、Twitterもバッチリ使える。
 容量が32GBというのが心もとないが、スマートフォンをちょっと使う程度なら、充分なスペックだ。このお手軽さと安さが格安スマホの魅力であり人気が出ている部分なんだろう。


 友人が購入したのもこのASUS ZenFone 2 (メインメモリ2GB)  で、持ちやすくてサクサク動く格安スマホにいたくご満悦のご様子。まぁ、いいんですけど。格安スマホを使うことで浮いたお金で、友人に何かおごってもらおうと思っているので。そのときにでも格安スマホを使ってみての感想なども聞いてみたいし。
 なんだかんだで、格安スマホのことがきになってしまっている自分がいる。人気にあやかってみたいとさえ思う。

 そして最近特に気になっているのが、DMM mobileの「バースト機能」というヤツ。
一時的に速度を上げるものらしいのだけど、DMM mobileのだといつでも使えるとかなんとか・・・いや、他サイトの受け売りなんですけどね。